忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日は持ち回りGMでやってるMHE(メタルヘッドエクストリーム)のセッションでした。
思惑を外れた箇所もありましたが、それを含めて大変面白かったです。
**セッショントレーラー**

-本拠地に戻り、それぞれの時間をすごすカンパニーの面々。
 だが、奏は夜毎に少年の夢を見始める。
 そんな中、カンパニーに舞い込む1件の捜索願い。
 執拗なまでに隠蔽される情報と見え隠れするヴェーダの影、
 果たして、パーティは少年を無事に助け出すことが出来るのか?
 そして少年の誘拐に絡む恐るべき作戦とは?

 シナリオ「ビジョン・オブ・ハリケーン」、これはそれぞれの未来をかけた戦い。-


**シナリオ概要**

 ヴェーダは台風をコントロールできるイノセントの少年を誘拐し、その能力を利用してパールトンの対空レーザー砲台「光の傘」を無力化しようとしている。さあPC達はそれに気づいて阻止するべし!という内容。奏はPCのイノセントの名前です。
 シナリオ導入は奏が見る夢と、少年の捜索願いからなんですが、この状況での報酬はかなり低め。
 ヴェーダの関与が判明してくる中で、いかに報酬を増やしていくか?てのもサブ目的になっております。
 
**実際のセッション**
文才ないので箇条書きで^^;

・奏の夢に助けを求める少年が現れる。
・ハンターギルドで情報収集=>捜索願いが出ている事を知る(報酬2万$)。
・ついでに少年とともに、少年を研究していた研究者も失踪している事が判明。
・ゴシップで、過去に少年が台風をコントロールしていた関係の記事を発見。
・ネットの情報がかなりブロックされている事に気づく。
・研究者を調べると、恋人付き合いをしていた人物がヴェーダのハンターらしいことが判明。
・研究所に行って、研究者の関係者から詳しい情報を聞く。
・ネットから少年の能力についての詳細を入手。
・以上から類推してヴェーダ側の企みを把握。

・パールトンへ移動。
・以前のセッションで知り合いになっていた駐在軍の人とお話。
・そこでヴェーダ艦隊の動きなどの情報を得る。
・PC達は素直に事の状況を説明。ヴェーダ作戦の阻止のために依頼クレクレと交渉。
・「台風が曲がってレーザー砲台が使えなくなるので阻止します!」なんて理由では難しいので
 ヴェーダ施設の調査(6万$)と件のヴェーダハンターへ賞金首(7.5万$)を掛ける事で落ち着く。
・少年の夢が毎日定時に現れることに気づく。
・研究所付近に近づくと、その夢の時間は少年がコントロールから外れる時間だと判明。
・その時間を狙って研究所襲撃。
・セッション時間削減のために護衛側ヴェーダハンターとの戦闘は割愛。代わりにPC達は全員ラック1P減。
・少年および研究者の確保。
・状況調査の最中に敵方ネットライナー復帰。かなりの火力で電子攻撃開始。
・ネットライナーとランドブラスター(電子SUVがかなり高い)が囮になりつつ、少年と研究者をトラックの中へ。
・ひとまずPC達はスタンドアローンになって敵のネットライナーから避難。でも少年はスタンドアロンになれず。
・少年の位置が把握されてるので、スタンドアロン解除すると、ネット攻撃に晒される状態。
・少年に取り付けられたサイバーパーツを外すには大きなタウンかシティに向かう必要があるぞと判明。
・急いで向かえ!ってことでTRS。
・攻撃に晒されても、スタンドアロン解除してTRSする事を選択。
・すごい勢いでTRSクリア
・もう少しでパールトンへ。という所で、敵のヴェーダハンター達が登場。
・TRSの結果より、ヴェーダバウンサーおらず、NPC級バウンサー潜伏できず。

**戦闘**
【PC構成】
トレーラー&カーゴ:奏(イノセント)、BEE(バウンサー)、マオ(ネットライナー)
シュペルコンコルド:ヨハン(ランドブラスター)
オートサムライ弐式:ソングラム(ハスラー)
MRX-MkIIマルクス:スター・リン(ランドブラスター)
【敵対勢力と方針】
ウォーライノ(装甲車):ハスラー(賞金対象)、バウンサー(実は狙撃タイプ)
 →CSDを撒きつつ、足を止めてAPFSDS弾仕様の55mmオートキャノンを連打。防御は<インターセプト>で。
 →バウンサーは折を見て狙撃orミサイル。やばくなったら車外に下りて防御。
MRX-MkIIマルクス(コンバットシェル):ランドブラスター(転倒攻撃タイプ)
 →近寄って転倒攻撃+叩きつけの防御力無視攻撃の予定。
フォッカー×2:適当なNPCスペック。パンドラ無し。
 →撃てるやつ撃つ
シーン外:ネットライナー
 →イメージファイト!

・マオにいくばくかの余裕があったので、スタンドアロンにはならずに戦闘開始。
・貫通属性を苦手とするコンコルドとサムライがオートキャノンを気合で避けたり、マルクスに庇ってもらいながら前進。
・両方のフォッカーともに主武装に被弾。残りミサイルぐらいで早々と無力化。
・マオが電子戦で押されていく中、他のPC達がミラーディフレクター、ポーション等のユーティリティで支援。
・ソフトが使い捨てで消耗する中、足りないソフトは交互にメジャーアクション使ってダウンロードする徹底ぶり。
・じりじりと距離をつめたオートサムライが[ヘルモード]で一挙に肉薄。装甲車を格闘戦でボコる。
・あわてて飛び出したバウンサーを奏が<マインドブラスト>で屠る。
・ちょっと耐えたけど射撃と格闘の波状攻撃で装甲車撃破。中のハスラーは投降。
・まだ刃を合わせていない敵ランブラが投降を無視してスター・リンに斬りかかる。
・パンドラを駆使しての連続攻撃も気合で避けられて、最後は一刀両断。

 ネットライナーの消耗を他PCが支えつつ、一気に肉薄で決着。自分はGMの立場でしたが見事な連携でございました。

**その後**
・少年は無事サイバーパーツ外してもらえて無事。
・ヴェーダ側のミサイル攻撃は失敗。
・PC達は報酬貰ってめでたしめでたし。

 GM的にもいい感じで行動してもらえたので満足でやんす。


**言い訳とかあれとかそれとか**

今回シナリオを考えるにあたっては
・自分の持ちキャラ(ネットライナー)はあんまり動かしたくないな。
・↑それならネットライナー無力化させてスタンドアロンで行動してもらえば面白くなくね?
・行きより帰りでハプニングの方が盛り上がるよね。


という方針で、「何かを持ち帰る途中で襲われる」パターンにしようかと。ほんで

・報酬とかPCが工夫して増やすのもいいよね。
・イノセントネタも出してみるといいかも!


あたりを考えつつ、今回のシナリオが出来上がってきた次第です。
ちなみに敵ネットライナーはヴェーダの試作型高性能AI(または有名NPCのクローン)で、1日1時間の調整時間の間は能力が使えないというという設定ですた。

んで、捜索の依頼人ですがセッション中は「叔父さんの依頼」でしたが、研究所からの依頼の方がスマートですね。シナリオ中突っ込まれて焦る焦る^^;

自キャラ無力化計画ですが、意外と硬くて頓挫(NPC扱いでラック使えない事にすれば良かったかも)。ほぼスタンドアロンにならず、結局NPCと半PCでダイスをごろごろをするハメに;;
とはいえ。PC同士のカバーリングとかも見れたので結果オーライでしょか。

報酬がちと高かったかも。捜索=>全部で5k~10k$程度、調査は一人頭5k程度でよかったかもしれん・・


そいから、一人のプレイヤーの方がやむない事情でスカイプ参加でした。戦闘シーンはちとつらいですが、それ以外のシーンだと、こっち側はあんま違和感ありませんでしたことよ。

**


そんなこんなで、参加したみなさまお疲れ様&ありがとうございました。


検索サイト等でコンテンツ見られた方、もしご意見等ございましたらお気兼ねなくコメント下さいませ。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]