忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/1は国境のものすごい城砦の4回目でした。
パーティ通算だと今回で18回目。DMは自分。

元シナリオとの相違点をプレイヤーさん達にもネタバレしない程度で書いております。

メンバー構成はLv9の勇者が6人
エルスティン 防衛役:ドワーフ/ファイター
 ハンマー防衛役。Str-Con-Wis型のイケイケ女ドワーフ戦士。
 厄介な敵にマークを貼りつつ、制御っぽい動き。ファイターはいろんなタイプ作れますね。
シェスティア 防衛・制御役:エラドリン/ソードメイジ・ウィザードハイブリッド
 防衛・制御のハイブリッド。Int極-フラット型の軌道前衛タイプ。
 今回からリビルドで範囲火力と制御力を増加、これがいい感じでした。今後はロールプレイも期待。
シャナイラ 指揮役:ハーフエルフ/バード マルチアーデント,マルチアーティフィサー
 中後衛型指揮役。Cha極-Con型で、ダイス目操作パワーが多いビルド。
 複職マルチとアイテムで瞬間回復力の高さが魅力。一日毎パワーの選択には苦労してるかしら?
ガヤルド 指揮役:ミノタウロス/ルーンプリースト
 ハンマー指揮役。Str-Con-Wis型。突撃装備で火力も担当。
 1~2遭遇では操られまくり。その分ラストの戦闘では爆発。そしてPC1の座をゲット!
イヨエアクン 制御役:エルフ/ドルイド マルチモンク
 高機動制御役。Wis-Dex型、プロテクターパワーへの入れ替えで指揮的要素も発揮。
 ダイス目に報われないけど、その分位置取りと受動感知でカバー。そして毎度ながらのぁゃιぃ挙動。
インディ 撃破役:ヒューマン/レンジャー マルチバーバリアン
 遠隔撃破役。Dex-Wis型、バーバリアンマルチで火力増強してるビルド。
 今回はダイス目が荒ぶっておられた。位置取りはだいぶクレバーか感じで良かったのではないかと。


 ネンティア谷、混沌の傷跡付近を舞台として繰り広げられる「国境の城砦」を8~10Lv向けに改造チャレンジするシナリオの4回目。ものすごいとか銘打ってますが、語呂的にインパクトが欲しかっただけでそこまで奇想天外な展開ではないです。

 今回は第3章の続きで3遭遇。いい感じでトラップとか挟撃とか出来ました。PCのパワーでDMの目論見が外れていくのも楽しいものですね。
 割と支配パワー持ってる敵が多いですが、これはパーティの弱いトコ狙ってるわけでなくて彼方の領域モンスター選んでたら偶然そうなったダケなのよ。本当に偶然なんだからねっ、偶然。そこんとこ勘違いしないでよっ!

 


あと今回のシナリオネタ云々は箇条書きで
・ダンジョン構造は簡易マップで表現しました。
・1遭遇目はゴースト達がPCに乗り移ってから設置されたトラップを強制発動させるというネタ。トラップ解除に奥に向うとバトルワイトさんがお待ちかね、という2段構成でした。
・お次は曲がりくねった通路。そこは溶岩(しかも時々破裂する)の絨毯敷きですよ。さてなんとか突破するか?トラップ停止施設のためミーンロックさんの巣に突撃するか?という2択。大喜利プレイで知恵を絞ってもらってもいいし、戦闘するならそれでも、という感じでPC達は戦闘を選択。
・ミーンロックの巣ではMMO的な「釣り」で敵を減らそうという提案あり。さくっと技能チャレンジが思いつかなかったので、簡易技能判定で敵を減らすことに。
・そんな2遭遇目は地形を利用してミーンロックがPC側を挟撃。最初に指揮役2名を支配状態に持ってってこれは勝つるか!?と思ったんですが、シェスティアのデイリーパワーで持ち直し。ナイスプレイでした。
・そんなダンジョンの最深部にはフォースフィールドに囲まれたビホルダーさんとガーゴイル2体がまるで時が止まったかのように静止していたり。
・停止していた遺跡の設備と管理ゴーレムを動かし、このダンジョンから抜け出す為には、ビホルダーを捕らえているこのフィールドを止める必要がある。でも止めたらビホルダーさんとの戦闘は必死!さてどうする?ばばーん。というネタでした。勿論こんな設定は本来の国境の城砦にはありません。
・ビホルダーとその取り巻きのガーゴイルの対処をいろいろ検討するプレイヤー達。
・フィールド解除(戦闘開始)がPC達の任意で可能、という事で「イニシアティブを揃えてから戦闘開始」という作戦を取られる可能性は考慮していたので、それに対しては1罠仕掛けさせてもらいました。
・ビホルダーさん火力と脅威は申し分ないですが、ちと耐久性が弱いですな。盲目食らってから全力攻撃で死亡。
・次のビホルダーはもっと上手くやることでしょう。安心めさるな。

・敵のセーブタイミングなんかを見つつ、PC同士でイニシアティブ遅延させたりするともう少し連携良くなるかもしれません。

 

 そんな訳で第3章の名を借りたアイ・オビ・ザ・ビホルダー懐古ネタもおしまい。次回4章は果たしてどんな展開が待っているのか!?

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]