忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(この記事は6/19に記載しています)
6/16は上記セッションでした。GMはG氏。
今回のシナリオはHJ公式の「不死の艦隊」を10LV向けに調整してのセッションでした。
多少ネタバレあります。


メンバー構成はLv10の勇者が5人
 
ジョシー   防衛役:ヒューマン/ファイター。
 範囲火力重視の断頭持ちファイター。順調にフルボッコされる役だけど十分固い。
イリス    指揮役:ディーバ/クレリック。
 回復と命中サポート重視の指揮役。一日毎パワーを早めに使ってくれるのが地味にナイスプレイ。
メルシリス  指揮役:テーフリング/ウォーロード。
 コマンド型ウォーロード。数々のアイテムとパワーを使いこなして一気呵成に状況をひっくり返すよ。
マリウス   制御役:エラドリンウィザード。
 寒気系制御役。範囲火力、強制移動、行動阻害等々、いろいろバランス良い感じですね。
シュドナール 撃破役:ドラゴンボーンバーバリアン/ソーサラー。
 制御っぽいハイブリッド撃破役。脆弱性付与からジョシーごとブレスで焼くのが通例。プレイヤー自分。


 -真鍮のカナリヤの導きに従って、エレメンタルの力で動く海馬号(仮称)をついに手に入れたPC達。だが、そのカナリヤを病的なまでに欲する’ぐるぐる眼の’ビルワチはPC達の名を挙げながら無差別に沿岸都市を襲う卑劣な作戦を実行する。パーティはそれを真正面から受け止め、メルシリスの大号令の元、正々堂々と海賊達に対決を挑むのであった。果たして1隻対1艦隊の対決の行方やいかに!?

 ついに英雄級も大詰めという事でキャンペーンも盛り上がってきております。前回シナリオのラストに、螺旋髑髏団(ビルワチさんの海賊団)がPC達の名前を出しながら無差別に沿岸都市を襲うよ、みたいな引きがあったわけですが、そこにメルシリスが堂々と挑戦状を叩きつけて英雄っぽいとこ見せ付けてやろうぜ的な作戦を発案、DMがこれを汲んでのセッションとなりました。

 セッションは遭遇、技能チャレンジ、技能チャレンジ中の遭遇、ラストバトルという3遭遇+1技能チャレンジ。セッション内では2~3日経過するわけですが、ひっきりなしの襲撃対応のため大休憩は無しよ、という状況が提示されてのシナリオでした。


 1遭遇目は敵高速戦との戦闘で、敵の船に仕掛けを発見、これを発動させないように立ち回ることに成功しつつ勝利。小船で駆けつけてくれた宿屋のおっさんと情報収集やお願いごとをしつつ、ビルワチさんの旗艦に奇襲を掛ける技能チャレンジを開始する展開。
 技能チャレンジでは、ウェザーコントロールで天候を濃霧に換え、その中を敵海賊に察知されないように進んでいったわけですが、途中で敵飛行勢力からの襲撃が発生、これをなんとか撃退して技能チャレンジを続け、これに成功。
 ラストバトルはビルワチの旗艦に乗り込み、イリス&メルシリス起点から始まる全員の連携ムーブで敵の半数程度をまとめて撃破。後衛陣が敵機動戦力に悩まされながらも、順次各個撃破を行い、ついにビルワチを撃破しました。


 今回の技能チャレンジはなかなか遊べた感じです。理由としては、コントロールウェザーで天候を選ぶ事によって技能チャレンジの方向性をプレイヤーサイドで選択できたこと、<はったり>他で失敗の取り消しができたこと、あたりでしょうか。今回の技能チャレンジの複雑度は4(3回失敗する前に成功10回が必要)なわけですが、個々の失敗3回でチャレンジ失敗であれば許される失敗は2回まで、つまり平均83%(10/12)の成功確率が必要なわけで、これは全員が出目4で成功できてやっと概ね7割成功という厳しいレベル。これが例えば2回失敗の取り消しが出来て、チャレンジ内で4回の失敗が許容されるならば71%(10/14,出目7)が確保できればかなり成功が見込めるようになるので、ダイス目悪かった人裁判とかも起こりにくいレベルかと思います。


 また戦闘に関しては、だいぶパーティ行動の連携が進んできている感じですね。殲滅エンジンとしてカムアンドゲットイット(Fig7)で敵をかき集め、ハービンシャーオブドゥーム(Bar7)で脆弱性付与、その後は順次範囲攻撃や継続ダメージ等を重ねて殲滅を図るというのが主軸なんですが、その威力や安定性(命中)を増すために各種パワーや特技、待機アクションの方策を全員で工夫して、毎セッション毎に火力が増加している感じです。コレ結構爽快感がある上に、パワー2つ以外の部分は殆ど全てのクラスが火力方面か命中支援方面で参加可能だと思いますので、何か機会があればお試し下さいませ。楽しいよ。


 そんな感じで海賊団を殲滅したものの、ビルワチさんは既に高位アンデットたるリッチの存在にまで達しておりまして、今回で完全解決には至らず、あともう一回ぐらいシナリオは尾を引きそうです。そんでシナリオ終了後、めでたく全員11レベルの必要経験点を稼いでおりました。ついに英雄級を卒業、次回から伝説級の冒険が始まるぜー!!と、嬉しい反面、伝説の道や取得技能で唸る日々が続きそうです。


 そんなこんなでDMのG氏含め各プレイヤーの皆さんお疲れ様&ありがとうございました。次回はどんな冒険が待っているのかしら?

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]