忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2/15はD&Dエンカウンターズシーズン7,BCC(Beyond the Crystal Cave)のセッションでした。DMはさぼりっこさん。ついに最終回!多少ネタバレあるかもです。

パーティ構成は

指揮役   :ドラゴンボーン/アーデント
制御・指揮役:ヒューマン  /インヴォーカー・クレリック(ハイブリッド)
制御役   :エラドリン  /ウィザード
撃破役   :ゴライアス  /アサシン
撃破役   :ハーフオーク /ファイター(スレイヤー)

の5人構成でした。


 今回のD&DエンカウンターズはDM含め18名の参加で3卓構成となりました。年末ぐらいから参加のプレイヤーさんが友人を連れてきたとのことで、最終回にも係らず新規参加2名です。ひゃほーい。

 NPCが沢山出てきていろいろあったけど、まあ敵ボス目指してつっこめー!的な第3章の4遭遇目です。ついに諸悪の根源、夢の女王ソリスと最終決戦ですよ。

 んで、敵側は単独1+奇襲2という構成。MAPは中程度の広さで、障害物が比較的多目でした。今回もPCサイドのイニシアティブはボロボロで開幕に爆発2パワーで移動不可をばら撒かれての戦闘スタートです。

 アーデントがスレイヤーの状態異常を引き受け、スレイヤーがヴァンガードウェポンでソリスに突撃。アサシン&ウィザードが奇襲役と沸いたミニオンを掃討する流れとなりました。序盤はさぼりっこさん得意の挟撃攻勢でガリガリ削られてピンチに陥りますが、着実に敵の数を減らし、ほぼ単独になったソリスに幻惑パワーを3ラウンド入れ替わりで使用。とにかくスレイヤーさんに毎ターン突撃してもらい最後はアサシンがトドメ、という展開で無事に勝利しました。

 アーデントさんが過去に出たイベントアイテムと効果を忘れず使ってくれたこと、自分もLVアップ時の再構成でシールドオブフェイス(パーティ全員AC+2)に入れ替えしてたこと、などで味方同士の削りあいを防げたのが順調に行った要因かと。

 そんなこんなで大団円。最後にPCの望みを1コ叶えてくれるよ!みたいなネタがあるのですが、自分はペイロア万歳なプレイをしたこともあって、小さな祠を建ててもらうことに。他「とにかくプラスのたくさん付くやつ!」的なネタも出ていたのですが、ちと時間的に厳しかったので駆け足ですた。まあ最初は単独1+奇襲2でもミニオン召喚とかオーラで擬似ドミネイトとかしてたら、そら手数増えるから時間掛かるよね。仕方なし。


ちなみに3卓成立した他の卓の状況ですが

A卓:自分達(上記参照)
B卓:DMが5分前に決まるという無茶振りと菩薩受けの極意を見た!遭遇自体は幻惑パワー祭りで封殺した模様。
C卓:暴れたものの、ウォープリーストのデイリーパワーなんかもあって無事勝利した様子。

そんな感じでちと時間押し気味でしたがワイワイ感想戦してましたよ。

 

**

 ほんでBCC(Beyond the Crystal Cave)を通しての感想となると、「PCが頻繁に入れ替わる状況では、このNPC量、遭遇難易度はチョット厳しい」でしょうか。新規さんが来ても(人物相関図などのお助け資料はあったにせよ)あらすじの説明が難しく、遭遇はプレイヤーに頭を捻らせるというより意地悪なものがいくつか見受けられた気がします。(回復回数削りとかマーク能力の殆ど効かない瞬間移動祭りとか)
 ラスボスを最初にチラ見せしておいて、4LVの再構成で対策してもらうっていう意図はGOODかと思います。

 シナリオについては作者もたぶん訳者さんも苦労しているなあという感はあるものの、ああいう長いモノローグを格好良く話せるDMさんは殆どいないかと。シナリオ中に出てくる3者(オルランド<-->ジュリアナ,ポルフォリオ<-->カエヤウィン,カルボン<-->ソリス)の恋模様とかの構図は良いんですけど、やっぱり途中参加や欠席が多いエンカウンターでは消化不足になりがち。そしてたぶん最大の障壁が日本人がシェイクスピアに慣れてないこと(笑)。

 というわけで、5~6LV向けの6~7遭遇にして、セリフもTVドラマ風に再編成したりしたら日本人向けとして結構面白いシナリオになるんではないかと思いました。(いやシェイクスピア風でも有名NPCを声優さんに演技してもらって音声データを配ってもらえば盛り上がるかもしれんですが)


**

 仙台エンカウンターズは結構高い参加人数だと思うのですが、個人的に思ったところを挙げてみると
1)仙台がそれなりに人口が多く、TRPGゲーマーも多い。
2)地方都市で自家用車保持率が高く、行き帰りのコスト(時間・手間)が低め。
3)ソーシャルネットワークがらみで誘い合ったりしている方が多い
4)高いリピート率

 あたりが要因に挙げられるのではないかと思っております。泉シーガルさんちと地下鉄からは遠いんですが、バイパス沿いで駐車場(無料)が広いので車でアクセスする分にはいい場所なんですよ。
 「毎週水曜日の夜8:00に集合」なんて無理、って人も多いとは思うので「エンカウンターズが最高のイベント」という訳ではないですが、このエンカウンター通じていろんな知り合いが出来たのは素直に感謝しております。


**

 そんなこんなで今回も3ヶ月間、DMのさぼりっこさん・ウェイトリさん・東方さん・タノさん・殴りさん、会場を提供して下さった シーガル泉バイパス店 さん、他エンカウンターに参加された大勢のプレイヤーの皆様お疲れ様&ありがとうございました。

 皆さんに次のシーズンも会えることを楽しみにしております。

 

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
次シーズンも楽しみですね~(*´∀`)
糸さん / 2012/02/16(Thu) /
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]