忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2/18は上記セッションでした。GMはG氏。
今回はたぶんオリジナルシナリオ。

メンバー構成は
 
ジョシー 防衛役:ヒューマン/ファイター。
 断頭持ち火力重視ファイター。コマンダーストライクが飛んだりファイターの標的がトリガーされたりと休む暇ナシ。
イリス 指揮役:ディーバ/クレリック。
 回復と命中サポート重視の指揮役。1回で重傷値を楽々超える回復が飛んでくるのは有難いです。
メルシリス 指揮役:テーフリング/ウォーロード。
 コマンド型ウォーロード。間合い武器での立ち回りが毎度いい感じに決まっております。
マリウス 制御役:エラドリンウィザード。
 基本に忠実でありながら若干氷分が多目のウィザード。モンスター知識判定でもお世話になってます。
シュドナール 撃破役:ドラゴンボーンバーバリアン/ソーサラー。
 今日も制御っぽい動きのハイブリッド撃破役。プレイヤーは自分。
 

 普段デルブばっかりだとダンジョン率高めなので、今回は野外遭遇の回。プレイ開始前からG氏がドラコノミコンを嬉しそうに眺めていて、フィギュアも嬉々として用意していたという、そんな土曜日。シュドナール(自分)の生まれ故郷が壊滅した、との噂の真偽を確かめるために帰郷(他にも旅の理由はありますが)という流れでセッションスタートしました。
 最初の遭遇はあと2~3日で故郷に着くぞってトコロで斥候隊との遭遇。瞬間移動クモ1体、制御2体、飛行生物1体+騎乗した兵士1体という遭遇。なんだけど、毎度いい仕事をするメルシリスのハングリースピアが敵の乗騎に激ヒット、セーブも3回落として今回も無力化に成功してました。フェイを優先的に狙うというクモの能力にガクブルしたものの、この状況なら大休憩取れるだろうと思って1日毎パワー使っていたのでPC側がヒロイックに撃破。
 したんだけど、小休憩取るぐらいのレベルでさらに追加の遭遇発生。ドラゴノミコンのドラゴン精鋭化のルールを使ってバトルドラゴン×2+パープルドラゴン1というご立派な編成での登場です。ドラゴン得意の朦朧範囲攻撃に加えて無限回弱体化持ち2体ってどうよ?と言いながらもなんとかバトルドラゴンを倒したところで更にドラゴンがadd。マジ!?
 さすがに遭遇毎パワーも使い果たし、ポーションなんかのお世話になりつつなんとか撃破に成功。

 個人的には単体ドーンっていう戦闘よりは今日みたいな複数クラスが混じって攻めてくるみたいな遭遇の方が好きですね。ドラゴンも複数並ぶとなかなかに壮観だし。ただ最後の増援は厳しかった、というかほぼ全てのパワー使いきってからの戦闘は選択肢が少なすぎるという意味でツライ。遭遇パワーが1つだけ回復するとかアクションポイント(とマイルストーン)だけ貰えるみたいな感じだったら良かったかも。
 とはいえ、こちらのパーティはかなり回復力豊富なパーティなのでDM的に歯ごたえのある遭遇を考えるとあんな感じになってしまうんだろうか・・・戦闘が厳しいから回復パワーを増強するのか、回復力がありすぎるから戦闘がハードになるのか・・・難しいトコですな。

 戦闘後は絶望故にティアマトを崇めていた故郷のドラゴンボーン戦士を説得。彼の手引きで故郷を一望する砦に入ったところ、そこは五首の邪神竜ティアマト様の一大拠点となっておりました、とさ。再起を誓って故郷を後にするシュドナール、おお何か英雄譚っぽい流れだ。

そんなこんなでDMのG氏含め各プレイヤーの皆さんお疲れ様&ありがとうございました。次回はどんな冒険が待っているのかしら?

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]