忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8/15はD&Dエンカウンターズシーズン9,WotSQ(Web of the Spider Queen)の第13回セッションでした。DMはへんくまさん。
会場はいつもの仙台泉シーガルさん。DM込み13名参加で2卓成立となりました。

ついに最終回!

詳細はネタバレありです。

 


パーティ構成は4Lvの勇者が6名。

エルデス   防衛役:ドワーフ /ファイター(ナイト)
 ドワーフの地下王国を探求するイケイケな女騎士。動けない状態に苦しめられたけど、火力はさすが。
ヴェレッド  指揮役:ウォーフォージド/シャーマン・アーティフィサー(ハイブリッド)
 サーイの主人から任務を与えられたウォーフォージド。ペンダント係りお疲れ様でした。ふひひ
アドラン   制御役:エルフ/ドルイド(プロテクター) PL自分
 アンダーダークを冒険したい探険家。デイリー連発でひゃっほい。
プーク    制御役:ゴブリン/レンジャー(ハンター)
 アンダーダーク出身のハンター。デイリーパワーで相当損害減ってると思う。
ミリシア   制御役:エラドリン/ウィザード(メイジ)
 偉そうな感じのメイジさん。移動制御系が目立ってたな。
フィリス   撃破役:ドラウ/ウォーロック(ヘクスブレード)
 魅力的な女ヘクスブレードさん。果敢に瞬間移動で突貫、そして流石の火力でした。

 
 「盗まれたアシャーバのペンダントを取り返してコイヤー」というエルミンスターさんの電波に従ってダンジョンをひたすら突き進んできた今シーズン。奴隷窟からカーラを救い出し、ついに地上へと帰還しました。(前回レポ書いてませんゴメンナサイ)
 久しぶりに浴びた日の光、なんだけど最後の最後でアシャーバのペンダントを取り返そうと、ジェイルレ家のドラウ姐さん+ドライダーさん達がお待ちかねしておりましたよ。と


 敵の構成は、ドラウ精鋭制御役+ドライダー兵士役×2、ドラウの砲撃役×5というなかなかの構成。最初にアシャーバのペンダントの持ち主を聞かれたのですが、それはヴェレッドのボディに格納済みだぜ!ということで戦闘開始(無茶振りしたの自分です。ごめんなさい)
 ドライダーさんのスレトニングリーチとマーク能力が厄介なので、パーティは1ラウンド目から大攻勢。ヴェレッドの追加ダメージパワーを皮切りに一日毎パワーやAPなどでドライダー1体を早々に撃破。敵砲撃役からの損害を抑えるためにプークが視認困難の[区域]パワーを張り、それを見た砲撃役が噴射パワーを使うためにパーティに突撃してくる大乱戦の展開。

NCM_0052.JPG

 移動困難・追加ダメージ・視認困難・エルミンスターの加護etc・・と乱れ飛ぶ[区域]パワー

 
どうもアシャーバのペンダントを持っている者が優先的に狙われる仕様らしく、ヴェレッドに攻撃が集中して気絶。彼を何とか起こしながら徐々に敵を削り、機を見てフィリスが敵ボスに瞬間移動で接敵。その後、動けない付与+シフトで逃げられますがPC側の協力でフィリスの近接攻撃範囲に強制移動させる事に成功し、エルミンスターの加護の乗った攻撃でこれを撃破しました。(脚色あり)

 ミスした方が噴射パワーの火力が大きい事に気づいたDMが敵砲撃を次々に疾走させて攻撃してきたり、動けないエルデスの放ったハンドアックスがものすごいダメージを出したり、といった驚きと笑いの最終回でした。4LVにレベルアップできていたのと、一日毎パワーが温存できていたのが勝因でしょうかね。
 シナリオ的には割れたアシャーバのペンダントを修復する手段がMAPにあったようなんですが、スタートポジションからはそれを狙う遭遇では無く(実際DMに助言も貰って)無視して戦闘をやっておりました。


他の卓の状況ですが
A卓:チーム 6人の勇者たち:自分たち
B卓:チーム レジット+多国籍:詳しく聞いてません。2ラウンドぐらいで勝利かな?

というわけでもう一卓も無事エンディングを迎えていたようです。

**

 今シーズンのシナリオ(Web of the Spider Queen)を振り返ってみると、WotCも色々と試行錯誤しているなぁ、という感じでした。テーマや種族によって有利・不利が出たり、行動の選択肢が後のセッションに影響したり。とはいえ、利益・不利益の格差が大きかったり、毎回の遭遇の難易度が大きくばらついていたりと(特に最初の大休憩まで5遭遇とかはどうかと)褒められない点もあるわけですが、努力は買いたいトコ。それにシナリオが不満があれば、参加者同士で話題にしたりディスカッションの機会になったりはしますからね。
 話の展開自体はわかりやすい感じで、週1度に短めのセッションというエンカウンターの趣旨であれば、あのぐらいの単純さで良かった気がしますね。キャッチアップや別に遊ぶ機会があるなら、冗長な遭遇や技能チャレンジを削って全部で6~8遭遇ぐらいに圧縮すればダンジョンアタック物として面白い感じになるんでないでしょうか?


ともかく今シーズンもDM含め参加者のみなさんお疲れ様&ありがとうございました。
さぁ次回シーズンは自分がDMしますよ。ちょっと不安な噂も聞こえてきますが、がんばって遊ぶぜい。

 

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]