忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

安全の為という事は判るんですが。そんなに法律の柵で囲わないとダメなのか?という疑問もあります。

どうも日本の安全整備ってのは、「まず注意ありき」ではなくて「とりあえず危険そうな事は近寄れなくしとけ」つう感じが多い気がします。
ちょいと昔の話ですが、県内某所に石積みで出来た水路がありまして、この石積が明治だか大正に作られたもので、すごい緻密に組み上げられてる場所があったのですよ。
んで、この水路というか堀に子供が落っこちたらしく、その水路の付近は全部柵で囲まれることになったのですね。簡素な鉄パイプ製の柵がぐるりと水路を囲みまして・・せっかくの名所も台無し。
欧州では、橋とかも防護柵の無いとこが結構あるのですが、その代わり子供の頃から服を着たままでも泳げるように教育するんだそうで。
日本の「危険に近づけなければいい」つう方策はどうなのかなと。


それはそうと、中古アンプとかは投売りでいい奴買えるかもしれませんね。いっちょ回ってみるかなぁ。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20060206/mng_____sya_____000.shtml

ここに掲載されている法案もまず「注意ありき」ではなくて「とりあえず危険そうな事は近寄れなくしとけ」です。

我々身内の中で最大の被害を受けるのは田○さんですが、自分も基準値以上のものを1丁所持していっるのでデチューンが必要かもしれません。

まー、逆説的に公に認められるわけだから、堂々と遊べるかも?
なつきさん / 2006/02/16(Thu) /
無題
追記ですが、記事の中にある「一平方センチ当たり二〇ジュール以上を空気銃」「同三・五ジュール以上を準空気銃」と定める。ってありますが、「一平方センチ当たり三・五ジュール」とは簡単に言えば「0.98J」のことです。
なつきさん / 2006/02/16(Thu) /
Trackback URL
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]