忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の根っこがどこに在るのか判らない。
ちょっと冷たい人視点でのあれこれ。
高度成長を迎えた中国の政府はチベットの地下資源の確保が目標。
鉄道を敷設し、移住・混血によってチベットの人口比率を変え、中国政府の望むチベットに変更して行こうとしている。
大きな国土を持つ中国は一部の地域とはいえ政府の批判がまかり通ると、それが他の地域に飛び火して政情が不安定になる。

そこで、現在のチベット人は邪魔、弾圧する。


一理あります。でもこういうシナリオはどうか?

シナリオ1
-中国ってなんか経済成長してきて邪魔でね?
-んじゃ非人道国家っていうレッテルでも貼ってバッシングしたらどうよ?
-おk、ちょっとスパイ送ってみるww

弾圧行為ってのはしちゃーいかんと誰しもが思いながらも、現場レベルで操作するのって難しくないかもしれんのですよね。
ちょっと価値観の緩い上官に賄賂を贈るもよし、逆に愛国心を刺激するでもよし。
「チベット地域の安定のためには、政府の強さを見せ付ける必要があるんだ。そのためには非人道的なことも致し方ない」と。
そうやって仕掛けを用意してからパパラッチ

シナリオ2
-アメリカの経済そろそろヤバいんだけど?
-そだね~仲良くしてると無理な注文されそうだからちょと不仲になる?
-おk、ちょっとオリンピックの雲行き怪しくしてみるww

平和の祭典であるはずのオリンピックが政治活動に使われるってのは過去もあった話。
強い国を取り戻しつつあるロシアとの共同戦線を構築し、ユーラシア圏での勢力を固めるためにも西側との結びつきを減らしておこう。と。

**

どうも報道情報だけを見ていても、今回の騒ぎの発端が見えてこんのですな。メディアを利用しての世論作りってのがだいぶ研究されてて、ノウハウとしても蓄積されてるような気がします。
日本政府は今のとこ親中で行きたくてあんまバッシングしてないじゃないかな?とか

そんなこんなで、いろいろ考えちゃうと世で言う中国猛省しる!みたいな風潮にはどうも乗れないのですな。



一番悲しいのはそんな陰謀に巻き込まれてる現地の人なのですがね・・
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なんかガンドックのネタに使えそうですね…。現地の人には悪いですけど…。
なつきさん / 2008/04/11(Fri) /
無題
まあ、Tibetは私も思うことがあるのですが

中華~はマツリゴトが上手いとこなので
今後も色々な面で帳尻を合わせてくるのでしょう

そういえば、Tibetの矯正の話はネット以外では
でませんな
さすがに、各個たる映像とか確証、後ろ盾がないと
そこまで地上波では流せないんでしょうねぇ
他の話題では確信がなくても流せるものが多そうですけど ^^;
こーしぃさん / 2008/04/11(Fri) /
Trackback URL
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]