忍者ブログ
== cheapresources ==  こちらのページは引っ越しました。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
まだいまいち理解してない
最新コメント
[10/13 あざあざ]
[10/09 やもん]
[10/08 じょしまり@T家]
[09/11 OTO]
[11/21 OTO]
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひさびさにガンドックのGM。
ちょいとシナリオを捻ってみました。割と好評?
 身内キャンペーンのガンドックシナリオだったんですが、歴戦の勇者なだけあって、攻撃力高い高い。現地状況によって装備縛りするシナリオなんかも考えたんですが、一思案して別な方面での制約をつけることに。

「敵を倒しすぎるとミッション失敗」

具体的には
 --- X国の要人A氏がテロリストグループの人質となり、犯行グループは政治犯の釈放との引き換えを望んでいる。君たちガンドックの目的は別働する侵入グループの潜入支援のために、現地で防衛に当たっているテロリストを誘き出す囮行動を取らねばならない! ---

 てな感じです。まあこれに補足説明とか入るんですが、ぶっちゃけ「君たちがテロリスト殺しすぎると、あきらめた犯人側が人質殺しちゃうんで、適度に刺激しつつ逃げまわってねっ!」と。

 これだと攻撃力の高さがミッション遂行能力と比例しないので、もうPC達にミニミだろーが対物ライフルだろーが持ち込んでもらってOK。あと、PC達がテロリストの倒しすぎに気づけるように、一定時間ごとにコマンダーに戦術判定してもらって、敵のやる気ゲージと逃げる気ゲージを判断できる特別ルールもつけます。これで、いつもはイケイケなガンドック達も慎重に計画を立てねばなりません。

 序盤、中盤はやられっぱなしで忍耐を強いられるシナリオではありますが、最後に人質が救出されれば全力全開の攻撃でカタルシスも十分です。
 わいわいPC達が作戦立てるのが楽しみたいときには、なかなか良い感じではないでしょうか?(自画自賛)

**

 渋いセリフと合気チットの飛び交うゲームも好きですが、まったくの計画とダイス勝負なシナリオもやめられませんなぁ。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
む、よい前提条件ですね。いつもガチバトルじゃインフレするだけですしね。参考になるなぁ。
羽生 響さん / 2006/12/20(Wed) /
Copyright c ちぷりそ(旧館) All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]